日々徒然

創作家具 安藤和夫

種蒔き!

苗代へ稲の種を蒔きました。
IMG_0005.jpg
後ろの山は松田山。
東名松田インターの近くにある「ハーブガーデン」が見えています。
IMG_0006nawasiro.jpg

すべての作業を終え、水路から入り始めた水を見守る参加者たち。

今日は「あしがら農の会」の苗代作りの日でした。
足柄平野周辺(二宮大磯にもあります)に散らばる、
約10の田んぼグループの共同苗代を、
開成町金井島にある「そらや田んぼ」を借りて作っています。

種籾はこの日にあわせてそれぞれが水に浸けて準備しています。
浸種した日の水温の積算が100℃で、発芽の準備が整います。
つまり、その日が15℃だとすると×7日で105℃。
この時期、一週間でおよそこのくらいになります。
冷たい湧き水などで長期間浸ける事で、
見事に発芽させた仲間もいました。
早い時期から浸種し、鳩胸状態になったら、
一度冷蔵庫へ入れて冬眠させると、発芽が良いという意見もあります。
「発芽」というものは、不思議なメカニズムを持っているようです。

今日は、苗代に水平面の稲のベッドを作り、水路を這わせ、
種籾を筋蒔きしました。・・・が、写真を撮るのを忘れてしまった!
残念。

我々の田んぼでは「イセヒカリ」「朝紫(黒米)」「神丹穂(古代赤米)」「黒穂稲」「長黒(黒米)」「ラオス米」などを蒔きました。
生育が楽しみです。
発芽したらこのブログでお見せしましょう。



関連記事

コメント

発芽というのはほんとうに興味深いメカニズムですよね。
おいしそうなお米ができそうで、それだけでワクワクしてきます!
発芽の写真も楽しみにしてまーす。

あ、べんさんだ!

お帰りなさい。
旅はどうでしたか?

田んぼへも、工房へもぜひお寄りくださいね!

楽しみですね。

まるで 子供の成長をみるようですね。 我が家の花壇」も もうすぐチューリップとゆりが 咲きそうです。  おいしいお米が できますように・・・

あ、なおこさんだ!

あ、奈緒子さんだ!
沖縄はど~を?、もう夏かしら?
海&風、いつも輝いてるね~。
(あ、これは奈緒子さんの双子の女の子の名前、カイちゃん&フーちゃん、今高校生。)

田植えにおいでね~!(ちょっと遠い?)
そういえば、沖縄ではお米は作っているのかな?

農の会の苗代づくりはすごい参加者なんですね!!
そらやさんのたんぼ、、うーん、すばらしいです。
うちにお届けいただいてる黒米もこうやってね~、、
(感心しているだけでごめんなさい、、)
いつか、参加したいと思ってはいるんですよ、はい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://andokobo.blog.fc2.com/tb.php/119-5a47a465

 | 最新 | 






Categories


Recent Entries


Recent Comments


Recent Trackbacks



Monthly

Monthly Archives



Profile