日々徒然

創作家具 安藤和夫

「木目を愛でる」 こと!

「木目を愛でる」 ことに戸惑うことがある。
aDSCN5834 (2)_4326
「木っていいですね~」 と呼びかけられて 素直に はい と 答えられない自分もいる  木の仕事をしているのに。


「木目を愛でる」 ことに戸惑うことがある。

「木っていいですね~」 と呼びかけられて 素直に はい と 答えられない自分もいる  こんな仕事しいているのに。

木目は外からは見えない。

樹を伐った時 その切り口に その断面に 木の傷口に 晒されるもの それが 木目。

「清々しい健康な木目ですね~」 「難儀な土地で苦労なさったのですね~」 ・・・などなど。

そこに 樹の生きてきた来歴を読み 樹の人生に思いを馳せ 苦労を偲び 哲学を語る ヒトがいる。

ヒトって 不自然な生き物ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「楢大板」を削っています。素晴らしい木目が出ています。そこでの一考。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://andokobo.blog.fc2.com/tb.php/1507-036c9bf6

 | 最新 | 






Categories


Recent Entries


Recent Comments


Recent Trackbacks



Monthly

Monthly Archives



Profile