日々徒然

創作家具 安藤和夫

大きな仕事?

 ギャップが大きいとワクワクする私がいる。
aDSCN5956 (2)_4374
大きな楢の板を削っているときに、小さなお厨子をその上に置いてみた。

 ギャップが大きいとワクワクする私がいる。
 緩急・粗密・深浅・・・両者の振れ幅が大きいほど、その落差に含まれる世界が大きくなる。
 そんなこと意識したことはあまり無いのだけれど、「大きな板」を削っていた時、その上に「小さなお厨子」を置いてみたら・・・フト思いました。
 では【小さなお厨子】と【大きな楢の板】どちらが大きいのかな?
 どちらも私の大切な仕事。
関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://andokobo.blog.fc2.com/tb.php/1508-a77ed1c2

 | 最新 | 






Categories


Recent Entries


Recent Comments


Recent Trackbacks



Monthly

Monthly Archives



Profile