日々徒然

創作家具 安藤和夫

速報:日本政府が【アイヌ民族】を【先住民族】として認める方向が示されました!

 小田原市長選真っ只中ではありますが、ビッグニュースです!

北海道新聞



 「自民、民主、公明、共産などの各党は十四日、アイヌ民族を先住民族として
認め、権利の確立を求める国会決議を今国会中に行う方針を固めた。国会決議
を踏まえ、政府も七月の北海道洞爺湖サミット前に、アイヌ民族を先住民族と
認める声明を正式に発表する方向で調整に入った。

 三月に発足した超党派の北海道関係国会議員による「アイヌ民族の権利確立
を考える議員の会」(代表・今津寛自民党道連会長)が、政府や各党と水面下
で調整をしてきた。

 「議員の会」は十五日に各党代表による世話人会を開き、決議案の文案調整
に着手する。決議案は、《1》先住民族として認める《2》名誉や尊厳、権利
の確立を図る《3》政府にも先住民族の認定を働きかける-ことが軸になる。

 二十二日にはアイヌ民族の代表が官邸を訪れ、福田康夫首相や町村信孝官房
長官らに権利の確立を要請する。政府は国会決議後に、首相自らによる声明文
か、官房長官談話の発表を検討している。


 国連は昨年九月の総会で「先住民族の権利に関する宣言」を採択した。しか
し、政府は「アイヌ民族の権利を認めると財政措置が必要になる」(首相周
辺)などの理由から、国内での適用に難色を示していた。 」

 以上北海道新聞の記事です。

 これは、映画「TOKYOアイヌ」制作実行委員会のメーリングリストからのお知らせです。

 素晴らしい出来事です。当たり前のことがついに本当に当たり前のことになりそうです。

 僕の親しい仲間達が、洞爺湖サミットに向けて先住民サイドからアクションを企画していたのですが、このニュースはある意味肩透かし?ある意味喜びに満ちた、世界から祝福される記念すべき一ページになると良いのですが!

 福田さんが首相就任早々の国会で「日本には先住民はいない!」という趣旨の発言をしたときには驚きましたね。
 その前に行なわれた国連総会で「先住民の権利に関する宣言」が採択されたことについて、福田康夫首相は「アイヌの人々が同宣言に言う先住民族であるかについては結論を下せる 状況ではない」と述べたのです。

 この発言には、この問題に関心のある多くの人が落胆したのです。

 今回の動きも何か裏が無いのか?支持率の下がる一方の福田さんの苦肉の策なのか?・・・見極めなければなりませんね!

 先住民サイドから企画されていたアクションの詳細は又後日お知らせします!

ステラブログにも書きました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://andokobo.blog.fc2.com/tb.php/344-efa96bea

 | 最新 | 






Categories


Recent Entries


Recent Comments


Recent Trackbacks



Monthly

Monthly Archives



Profile