日々徒然

創作家具 安藤和夫

「寿司席 和さび」

以前書いた記事ですが、素晴らしいお店ですので、アーカイブとして再掲します。
wasabi_0020.jpg
鎌倉で寿司の美味い店として名高い「和さび」へ!
場所は浄明寺・報国時のそばです。
wasabi_0024.jpg
ネタ箱

wasabi_0023.jpg
いきなり失念、汗!
wasabi_0022.jpg
ひらまさ?・・・適度な脂の乗り。
wasabi_0021.jpg
黒ムツ・・・シコシコです。
wasabi_0019.jpg
金目・・・甘いですね。
wasabi_0018.jpg
ヒラメ・・・ポン酢おろしを乗せて。
wasabi_0017.jpg
赤貝・・・プリプリ。
wasabi_0016.jpg
アオヤギ・・・甘い。
wasabi_0015.jpg
煮はまぐり・・・下仕事の大変なはまぐりがあるとほっとしますね。そこのおすし屋さんは信じられる気がします。
wasabi_0014.jpg
炙ったたいら貝・・・香ばしいですね。
wasabi_0013.jpg
こはだ~このしろ・・・〆加減が見事。
wasabi_0012.jpg
鯵・・・大き目の鯵の切り身ですね、私は個人的には小田原の小鯵が好きです。片身一かん付けのサイズ。
wasabi_0011.jpg
車海老。
wasabi_0010.jpg
炙った太刀魚・・・脂の乗った太刀魚はしっかりと炙られ、暖かなにぎりがお寿司の流れに絶妙な変化をもたらしてくれます。
ご主人「冷たいにぎりが続きましたから!」とさりげない一言。
wasabi_0009.jpg
ツメを塗った蛸。
wasabi_0008.jpg
まぐろ・・・美味い!
wasabi_0007.jpg
いか・・・海苔が間に挟まれ、上には岩塩を振って。
wasabi_0006.jpg
あなご・・・薄味でふっくらフワフワです。
wasabi_0005.jpg
塗り物が出て参りました。
浄法寺でしょうか。古物のようです。
wasabi_0004.jpg
お寿司屋さんの汁物が不味い訳が無い!
新鮮な魚のアラでひいたお出汁は体に沁みるようです。
wasabi_0003.jpg
今までずっと小さなにぎりでしたが、このわさび入りかんぴょう巻きはがっちり太いです。
wasabi_0002.jpg
デザートのように出される出し巻き卵は香ばしく焦げていて美味い!
卵と併せているすり身は、海老ではなく小柱だそうです。
海老アレルギーの方への気使いだそうです。

wasabi_0001.jpg
路地に面したアプローチ。
一軒家の個人宅をお店に仕立ててあります。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://andokobo.blog.fc2.com/tb.php/864-2a8e5901

 | 最新 | 






Categories


Recent Entries


Recent Comments


Recent Trackbacks



Monthly

Monthly Archives



Profile